ゲームブック

魔人竜生誕

maj430

2006年に創土社から刊行された長編ゲームブック。同社で開催していたゲームノベルコンテストの大賞受賞作で、これが松友健のデビュー作となる。その後、iOSのアプリ化もされた。

ゲームブックとしては珍しい特撮ヒーローものの世界観。一対一のバトルアクションをゲームブックで完全再現。戦闘の駆け引きや、必殺の決め技など、重厚な戦闘システムは他に類を見ない。

ストーリーにもそれまでのゲームブックの常識を覆すような画期的な試みが盛り込まれている。展開の幅広さは特筆に値するほどバラエティに富んでおり、エンディングは十数個にも及ぶ。一度クリアしたあとも、2度、3度と遊ぶたびに新しい発見があり、まさに21世紀に生まれたゲームブックに相応しい快作。

本書は、電子書籍化にあたり、遊びやすくなるように大幅に改良を加えられ、さらに巻末付録として、iアプリ版魔人竜で使用されたカラーイラストギャラリーを収載。カバーイラストは創土社版カバーも手掛けた小城崇志による、入魂の描き下ろしとなっている。

著者:松友 健
カバー:小城 崇志
本文モノクロイラスト:MORBIDANCE GRAPHIX

巻末イラストギャラリー:BISAI
価格:500円
2016/4/21 配信

8868139370

sheet_base

2016-04-21 | Posted in ゲームブックComments Closed 

 

展覧会の絵

07_tenran_web

1987年に東京創元社より出版された異色のゲームブック。

主人公は剣と魔法を操るヒーローではなく、琴を持った「楽師」。そして、物語の舞台となるのはロシアの作曲家、ムソルグスキーによって書かれたピアノ曲「展覧会の絵」の世界そのものだ。

独特の切り口で語られる吟遊詩人の冒険は、深い慈しみに満ちている。ムソルグスキーが10枚の絵を音楽で表現したように、著者は文字で表現し、読者の判断により展開が変化するゲームブックという器に落とし込んだ。

2002年に創土社より復刊、2012年にはフェイスより、iOSデバイス用アプリとしてリリースされた(アプリは配信終了)。

著者:森山 安雄
イラスト:みつきやよい
価格:400円
2016/3/11 配信

8868139370

sheet_base

2016-03-11 | Posted in ゲームブックComments Closed 

 

魔界の滅亡【ドルアーガの塔 第3巻】

03_d3_mak_web

1986年、東京創元社から発売されたコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』原作のゲームブック3部作の完結編。

冒険のクライマックスとなる、41階から60階までが記されている本書は、シリーズ最長の内容で、その項目数も790と大きく増加している。塔内部の迷宮ギミックもパワーアップしており、熟練の冒険者たちを悩ませるトラップが、塔全体にはりめぐらされている。

第2巻で登場したオリジナルキャラ、魔道士メスロンや盗賊王タウルスも心強い味方として、もちろん健在だ。東京創元社版は第1巻から第3巻までで実に1700超のパラグラフとなる大長編がすべて1986年に刊行されている。

2013年、創土社より復刊され、大幅に追加要素が盛り込まれた。本サイトで販売する電子版は創土社版をベースに、さらに若干の修正を施したもの。

著者:鈴木 直人
本文イラスト:虎井 安夫
価格:500円
2016/3/1 配信

8868139370

sheet_base

2016-03-01 | Posted in ゲームブックComments Closed 

 

魔宮の勇者たち【ドルアーガの塔 第2巻】

02_d2_mak_web

1986年、東京創元社から発売されたコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』原作のゲームブック3部作の第2巻。

本書は冒険の中盤となる、21階から40階までが記されている。第1巻は塔の迷宮内を自由に歩き回れるとはいえ、基本的に上の階に登れば、戻ることはできない作りだったが、この「魔宮の勇者たち」では冒険の自由度が格段に増しており、ほとんどすべてのフロアを自由に往来できてしまう。他にも主人公である、あなたとパーティを組む仲間たちの登場や、これまで塔内ばかりだった冒険のシーンを屋外まで広げるなど、第1巻から続けてプレイする読者を飽きさせない工夫がなされている。オリジナルキャラ、魔道士メスロンが初登場した記念すべき巻でもある。

2008年、創土社より復刊され、いくつか追加要素が盛り込まれた。本サイトで販売する電子版は創土社版をベースに、さらに若干の修正を施したもの。

著者:鈴木 直人
本文イラスト:虎井 安夫
価格:400円
2013/3/1 配信

8868139370

sheet_base

2016-03-01 | Posted in ゲームブックComments Closed 

 

悪魔に魅せられし者【ドルアーガの塔 第1巻】

01_d1_aku_web

ナムコから発売されていたコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』を原作とするゲームブック3部作が、1986年、東京創元社より発売される。その記念すべき第1巻にあたるのが、この『悪魔に魅せられし者』だ。

60階の塔をのぼりながら、数々の宝を集めつつ、最愛の恋人を救いにいくという原作ゲームのストーリーを踏襲しながらも、このゲームブック版が原作と一線を画していたのは、マッピングをすることで塔内の全フロアの地図が描けること、そして個性豊かなオリジナルキャラクターたちが登場する点だった。国産のゲームブックが語られる際、シリーズものとしては必ず話題にあがるといっても過言ではないくらい有名な作品。

2006年、創土社より復刊され、いくつか追加要素が盛り込まれた。本サイトで販売する電子版は創土社版をベースに、さらに若干の修正を施したもの。

著者:鈴木 直人
本文イラスト:虎井 安夫
価格:400円
2016/3/1 配信

8868139370

sheet_base

2016-03-01 | Posted in ゲームブックComments Closed